2017年06月23日

桜で作るウィンザーチェア製作過程(後半)!



先日、ブログで紹介してウィンザーチェアですが

コツコツと職人さんが作っていて随分と形になってきました。

殆ど機械を使わずに時間かけて作っているので

手作り感があり凄く良いチェアに仕上がってきています。

お客様も喜んで頂ける事でしょう ♪



ちなみに先日、座面と傘の成型が終わり

座をお尻の形に四方カンナを使って手鉋掛けてます。

ある程度、お尻の形にスケッチした板座を少しずつ削っていくのですが

鉋を使い慣れてないと同じ形、均等に削れないので

ここは職人さんの腕の見せ所ですね!


今日は座に木の脚(テーパー丸棒)を入れ込む作業で

一度入れたら抜けないように脚の先端に溝を切りそこへテーパードを掛けた

クサビを入れ込み、その足を座面穴底まで叩き込むと

脚が抜けない加工です。



家具メーカーさんは手間の関係で省略されてある事が多いらしいのですが

また、ここは完成したら見えなくなる部分ですが、職人さんのずっと使って頂きたいと

言う気持ちからの2次加工です。 明日は形になってくると思います!


他にも折り畳み式のホワイトオーク

リビングテーブルも仕上がってきています。 

オイルが乾き次第、またブログにて紹介しますねー!

※ 桜で作るウィンザーチェア MorinoOKurimono

にほんブログ村 インテリアブログ インテリア・家具製作へ
にほんブログ村


Posted by soyokaze at 17:53日々の出来事